top of page
検索
  • 執筆者の写真橋本組 広報

ICTの導入状況について☆

当社では、令和元年度の元請工事から、ICTを導入して施工を行っています。


本年度受注している4件の工事全てで、

GNSS(衛星を利用したシステム)やUTS(トータルステーションを利用したシステム)を導入し、

重機のMC(マシンコントロール)、MG(マシンガイダンス)を行っています。


本システム導入により、施工丁張を設置せずに、重機の稼働を設計断面に制御することができるので、現場管理における省コスト化と作業時間短縮につながっています。

MCにおいては、熟練した重機オペレーターでなくても、土工を設計断面に築造することができ、たいへん役立つシステムであると感じています。


↓寺脇地区の表土整地(マシンコントロール)↓

画像内の表土や基盤の整地は、丁張無しで行いました。

しかも、今までブルドーザーにほとんど乗ったことがない現場管理者が整地を行っています。

畦畔の設置も、半分ほどは丁張無しで叩いています。

すごいシステムですね!


こちらからは以上です。

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page